ブラックでもお金借りられます

今ブラックとなっていて、消費者金融でお金を借りることができないという人もいるでしょう。事故情報といい、以前にお金を借りたときに返済を延滞したり、滞納して返済できなかったり、債務整理をしたことがある人などが、信用情報機関に登録されているために、ブラック扱いとなっているので、大手消費者金融ではお金を借りられないのです。しかし、ブラックでお金を借りられないからと言って諦める必要は全くありません。大手消費者金融だけが頼りになるわけではないので、他にもお金を貸してくれる消費者金融はたくさんあるのです。過去に債務整理歴などがありブラックになっている人であれば、小さな街金でお金を借りるのがいいかもしれません。大手消費者金融とは違い中小企業の消費者金融であれば、ブラックだからという理由だけでお金を借りられないということはないのです。中小の消費者金融であれば、ブラックOKなどと謳っているところもたくさんあるのです。中小企業の消費者金融はまだ世の中に名前があまり知られていないために、実績を作るためにブラックでもお金を貸してもらえるかもしれないのです。中小と言っても大手の消費者金融と比べてもそこまで変わりはありません。中小企業の消費者金融でお金を借りるときには、ネットで口コミなども参考にするといいでしょう。中には参考になる情報もあるはずです。中小の消費者金融でお金を借りる際は、契約書などもしっかりと目を通しておかなくてはなりません。やはりお金を借りるということはとてもリスクもあることなので、軽い気持ちでは借りられません。目的を明確化し、自分自身の収入などにも合わせた金額を借りることが大切です。お金を貸してもらえるのはありがたいことなので、消費者金融でお金を借りたときには、いつまでに返せるかなどしっかりとしたプランを立てることが大切です。ブラックであってもお金を借りられるのはありがたいことなので、できるだけ滞納をしないようにしましょう。

携帯電話の料金の未払いでもブラックリスト入りになる

ブラックリストの載るいうことは、信用情報機関の個人信用情報の事故情報に記載があるという状態のことを言います。事故情報に記載される情報は、3か月以上の返済遅延や債務整理などの金融事故を起こした履歴で、ここにいったん記載されると5年はその情報は削除されることはありませんので、お金を借りるという面ではずいぶんと不利益を受けてしまうことになりますので、ブラックになることは避けなければなりません。

しかし、思いもしないことでブラックなってしまうこともあります。最近多いのが、携帯電話の料金の未払いの為にブラックになってしまう人がです。ある程度の年齢になると携帯電話やスマートフォンをほとんどの人が持ってしますが、わずか3か月の料金の未払いでブラックになってしまうのです。

ブラックになってしまうのは、よくある携帯電話やスマートフォンの利用料金の遅延ではなく、あくまで携帯電話やスマートフォンの本体の代金が遅延されているからです。購入の時に本体の支払いを全額済ませていればいいのですが、携帯電話やスマートフォンの本体はかなり高価なものもあり、その上実質0円で購入するとそれはすべての本体の支払いをするのではなく、ローン契約で毎月の利用料金にローン契約の本体代金をプラスして払っているということになっているのです。携帯電話の利用料金の未払いはその本体のローン契約の遅延と同じ効果になってしまい、3か月以上滞ってしまいますと、ブラックリストに載ってしまうのです。たかが携帯電話の料金の未払いと簡単に考えてはいけません。もう一つは本体の支払いが終わっていても、携帯電話の料金をクレジットカードで支払っている場合です。この場合でもクレジット契約の返済遅延ということになりますので、3か月以上の返済遅延はブラックリストに載ってしまう金融事故となります。しかし、携帯電話の本体の支払いが終わっていて、クレジット契約などで利用料を払っていなければ、利用料金の未払いでもブラックリストに載ることはありません。